男性に媚を売る女性たち

看護の仕事をしている方は、毎日様々な患者さんと接することになると思います。中には「この人、素敵だなぁ」と思う異性の方が来ることもあるでしょう。当然、仕事ですから、どんな患者さんでも同じように対応することが鉄則です。といいたいところですが、やはり女性の中にはお気に入りの男性患者に対して態度を変える方もいらっしゃるようです。特別扱いされているのは、周囲からはよく見えるもの。患者さんの気分を害するような態度はぜひともやめてほしいものです。

男性の前で態度が変わる女性というのは意外と多いもの。学生時代には、こういった女性は必ずいるかと思います。「あの子がぶりっこしている」などで、言い争いやいじめの原因になることはよくありえることです。社会人になれば、プライベート時であればこういった対応も「男性に相当好かれたいんだなぁ」と流すことが出来ますが、職場となればそうはいきません。患者さんに対しても、男性、女性で対応が変わるのであれば、患者さんから不満が出てくることもあります。

アピールをしたいのであれば、誰にでも優しくできる人になった方が絶対に魅力的です。この人優しいな~と思われている時には良いですが、その態度の特別感や周囲の反応にに気づいた相手は、引いていくはず。そうなれば、どんなに対応を変えていても、あなたの気持ちを伝えることは出来ませんからね。職場では、あくまでも仕事ですからどんな患者さんに対しても誠実な接し方を徹底することが必要です。
「気になる男性にだけ好かれれば良い」と思っている方も、意外とこういった対応は多くの人に見られ、気づかれているもの。気づいていないのは本人だけとなれば、結果的にみんなに白い目でみられる恥ずかしい状態になります。プライベートでかわいい自分を演じるのは大いに結構ですが、職場では仕事と頭を切り替えることが社会人としての務めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です