態度の使い分け方

あなたの周りに猫かぶり女性はいませんか?私の身近にまさに猫かぶりの代表といってもいいような人がいました。「人によって対応を変えるから、見ていると嫌な気持ちになる」という方もいるでしょう。しかし、こういう女性から学ぶことは以外と多いのです。重要人物に対して、いかに好感を与えるかというテクニックをしっかりつかんでいないと、猫をかぶることはできないのです。

女性の同僚が多い場合には、時には注意が必要なこともあるでしょう。女性は基本的に噂好きな人が多いです。軽い気持ちで発言したことが、自分が悪口を言ったというトラブルに繋がったり、ヒミツにしていたことが会社中に知れ渡っていたりすることはよくありえます。話をする際に特に気をつけたほうがいいのは、やはり人によって態度を変える猫かぶり女子です。一見、誠実そうにみえても裏では自分を悪く言っていたりします。ひどい場合には、上司にかわいがってもらうために自分を利用してくる人もいます。あまりにも目にあまることをされるようでしたら、上司などに相談し、注意をしてもらう様にすることも必要です。

しかし、自然とこういった人は、同僚からも避けられることになるのは目にみえています。やっぱり周りの人はいつも見ていますからね。しかし、その猫かぶりの人が自分よりも上の立場である場合もあるでしょう。そんな時には、悲しいですが軽く流すしかありません。人のあら探しをするために「必要以上に話しかけてくる」と嫌な思いをしている方もいると思います。こういうタイプの女性は敵に回すとやっかいなので、やさしい対応は忘れずに上手に冗談をまじえるなどして、自分のことを極力話さないようにすることが大切です。面倒な人に対して態度を変えるという意味では、自分も猫をかぶることになるのかもしれません。状況によって対応を使い分けるのは決して悪いことではありません。そのスキルを有効に使えばむしろ世渡り上手だといえます。自分の利益だけを考えるのではない、みんなにとってプラスになるコミュニケーションを心掛けるようにしましょう。
周囲とのコミュニケーションに参考になるサイト【http://nekokaburinosusume.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です